Skip to main content

~人々中心の科学研究コミュニティの構築を支援し、挑戦的な研究を加速化~

一般社団法人STELLAR SCIENCE FOUNDATION(ステラ・サイエンス・ファウンデーション、所在地:東京都中央区、代表理事:武部貴則、以下「SS-F」)は、大塚ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:樋口達夫、以下「大塚ホールディングス」)および、ヤマト科学株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森川智、以下「ヤマト科学」)が、2024年度より、SS-Fの賛助会員(SS-Fサポーター)として新たに加入したことをお知らせいたします。

 

【SS-Fの賛助会員(SS-Fサポーター)について( https://ss-f.org/community/ )】

SS-Fでは、世界を変えるようなインベンション(発明・発見)が持続的に生まれる、研究エコシステムの構築を目指しています。そして、これを実現するためには、異分野・異業種の人々がお互いに尊敬と信頼を持って繋がることができる「人々中心(People-Centric)の科学研究コミュニティ」を育てることが重要な基盤となると考えています。具体的には、次世代を担う研究者に、多様な人材との偶発的な出会いや、協業の機会を提供することで、自由かつ挑戦的な研究を進めることができる、SS-F独自の環境づくりに取り組んでいます。

本構想は、以下の3つの柱で事業を推進しています。

 ・Collision & Collaboration(人と人とのつながり・ぶつかりを生む)

  独創的な研究者の発掘、異分野の研究者同士や、ビジネスパーソンとの共創機会を提供

 ・Empower & Enablement(自由かつ挑戦的な研究が可能な環境)

  革新的な発見や発明の加速化につながるメンタリング・研究環境と資金の提供

 ・Innovation Bridge(発明・発見のイノベーションへの接続)

     発見や発明の社会実装のためのスタートアップ化支援、篤志家や投資家への橋渡し

※これまでの活動実績はこちら( https://ss-f.org/news-events/ )をご覧ください。

SS-Fの賛助会員制度は、このような研究者支援の取り組みに賛同いただいた企業・団体が参加できる制度となっています。

 

【2024年度より、 大塚ホールディングス、ヤマト科学が賛助会員に新たに加入】
SS-Fの掲げるビジョン「科学の力で、世界を前に進める」と、それに基づく取り組みに共感いただき、この度、賛助会員に加入いただくこととなりました。

(SS-F代表理事 武部貴則のコメント)

この度、大塚ホールディングスとヤマト科学がSS-Fのサポーターとして新たに参加されたことを、心より歓迎いたします。インベンションを支援されてきたヤマト科学、イノベーションを生み出してきた大塚ホールディングスと、両社の事業領域における強みが、SS-Fの目指す人々中心(People-centric)の科学研究エコシステムの実現に向けて、力強いサポートとなります。SS-Fを代表し、大塚ホールディングスとヤマト科学のご支援に深く感謝し、これからの貴重な協力関係を大切にしていきたいと思います。

SS-Fでは、賛助会員の皆さまからのご支援により、次世代に向けたインベンション(発見・発明)を促す研究エコシステムの構築を進めることで、イノベーション(社会変革)に貢献してまいります。

※賛助会員の一覧はこちら( https://ss-f.org/community/ )をご覧ください。

 

■一般社団法人STELLAR SCIENCE FOUNDATION(ステラ・サイエンス・ファウンデーション、略称:SS-F)について https://ss-f.org/

SS-Fは、サイエンスを担う人々の力に注目し、破壊的な発見・発明の持続的創出を促す仕組みの構築を目指す日本初の団体です。日本の科学研究の振興を、科学者の自由な研究活動を支援し、世界を変える発見・発明を生み出すことで実現し、社会に貢献したいと考えています。

SS-Fは、3つのコアコンセプト(Collision & Collaboration – 人と人とのつながり・ぶつかりを生む、Empower & Enablement – 自由かつ挑戦的な研究が可能な環境、Innovation Bridge – 発明・発見のイノベーションへの接続)を軸に、傑出した研究者による、好奇心主導の研究を実現することを目指します。